映画『青鬼 ver.2.0』Loading...
  • 映画『青鬼 ver.2.0』

  • イントロダクション
  • ストーリー
  • キャスト
  • スタッフ
  • 主題歌情報
  • 関連商品
  • 劇場情報
  • 予告編

イントロダクション

フリーホラーゲームムービーの先駆けとなり、日本中を震撼させた“ブルーベリー色の巨人”バージョンアップを果たし恐怖を増幅させる―青鬼は一体ではなかった。新種・フワッティー登場!

「青鬼」は無料でダウンロードできる大人気ホラーゲーム。関連動画の視聴回数は6000万を超える。
鬼が出るという噂の館を訪れたプレイヤーが“青鬼”の攻撃をかわしながら館を脱出するというシンプルな作りながら、複雑な謎解きや凝った仕掛け、予測不可能な“青鬼”の出現、恐怖を煽るBGMなどで爆発的な人気を呼び「最も怖い」との評価を獲得した。

追って制作された公式ノベルはシリーズ累計40万部超となり、2014年7月5日にAKB48入山杏奈主演で実写映画化され、わずか9館でのスタートながら、若者中心に公開当時から話題となり、各回連日満席続出。最終80館まで拡大公開され大ヒットを記録した。
また公開と同時に行われたニコニコ生放送での有料配信では、1万2千人を超える視聴者数となり、ニコ生有料配信史上最高動員数を記録。映画『青鬼』はフリーホラーゲーム映画の金字塔となった。

待望の映画第2弾では、『GANTZ PERFECT ANSWER』『デスノート』など数々の大作 を手掛けた日本屈指のCGスタジオ、デジタル・フロンティアが制作を担当。無機質な表情で突如襲い掛かる“青鬼”を禍々しいリアルCGで生み出し、観る者を 恐怖に陥れる。
さらに、ゲームファンの間で“ハンペン”と別称まであり絶大な人気を誇る、青鬼の亜種“フワッティー”が遂に登場。更なる驚愕の映像を実現する!

本作の主演は、中川大志。「家政婦のミタ」(11・NTV)の長男・阿須田翔役で注目され、「水球ヤンキース」(14・CX)、「地獄先生ぬ~べ~」(14・NTV)等数々のテレビドラマでレギュラー出演を果たしている大注目の若手俳優。本作が映画初主演作となる。
脇を固めるのは『奇跡』(11・是枝裕和監督)や、『紙の月』(14・吉田大八監督)といった名監督の映画に多数出演し、CMや雑誌でも大活躍中の平祐奈がヒロイン杏奈役に、「仮面ライダードライブ」(14・EX)のブレン役や、中国で放送中の歴史ドラマ「武媚娘伝奇」で中国でも絶大なる人気を博している松島庄汰が主人公ひろしの相棒となる卓郎を演じる。
その他、CanCam専属モデルの久松郁実、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト ファイナリストの勧修寺玲旺、「ガリレオ」(13・CX)や『超能力研究部の3人』(14・山下敦弘監督)等に出演しているタモト清嵐らフレッシュな新世代キャストが集結し、前作とは異なる『新章』として、バージョンアップした“青い化け物”に挑む!

ストーリー

ひろしと杏奈は不登校になっているクラスメイトのシュンの様子を見るために彼の家へと向かった。しかし道中、奇妙な模様をした蝶に誘われ怪物が現われると噂される屋敷<ジェイルハウス>へと引きずり込まれてしまう。
一方、時を同じくしてシュンの不登校の発端となった、クラスメイトの卓郎、美香、たけしの3人は肝試しの動画実況をするため、同じ屋敷へと入っていった。
無人であるはずの屋敷内に響き渡る怪しげな物音。 扉の向こう側からこちらを覗き込む青い影。

「…嫌な予感がします。」

この世のものとは思えぬブルーベリー色の巨人に遭遇するひろしたち。
慌てて出ようもするも、出口はすでに塞がれ、脱出は不可能。
しかしひろしだけは、この館をシュンが作ったゲーム世界とリンクしていることに気付き…。

キャスト

ひろし/中川大志:1998年6月14日生まれ。東京都出身。NHK BS-hiにて放送された「わたしが子どもだったころ」(09)の再現VTRで俳優デビュー。映画『半次郎』(10)で映画デビューを果たし、テレビドラマ「家政婦のミタ」(11/NTV)で一躍注目を浴びる。その後も「GTO」(12/CX)や「夜行観覧車」(13/TBS)「水球ヤンキース」(14/CX)「地獄先生ぬ~べ~」(14/NTV)等、数々の人気ドラマに出演する注目の若手俳優。本作が映画初主演となる。
杏奈/平祐奈:1998年11月12日生まれ。兵庫県出身。映画『奇跡』(11)のオーディションで役を射止め女優デビュー。その後『貞子3D』(12)『だいじょうぶ3組』(13)や『紙の月』(14)などに出演し、『案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~』(15)では初主演を果たす。この他、TVドラマ・CM・雑誌などで幅広く活躍中。待機作品として映画『ぼくが命をいただいた3日間』(16年公開予定)などが控えている。
卓郎/松島庄汰:1990年12月26日生まれ。兵庫県出身。2007年アミューズ30周年オーディションで準グランプリを獲得。2009年より上京し、活動を開始。
以降、映画「ソフトボーイ」(10)、「大奥」(10)、「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(11)や、TVドラマ「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」(2011.CX)、「ステップファザー・ステップ」(2012.TBS)、舞台「方舟」(2012.俳優座劇場)映画「クジラのいた夏」(14)などに出演。そして同年夏に中国で話題の連続ドラマ「武則天」(14)に出演したことを皮切りに、2015年タイの地上デジタル放送を記念した一大プロジェクトドラマ「kimono秘伝」に出演するなど活躍の幅を広げる。また現在放送中の「仮面ライダードライブ」の敵幹部ブレン役としてレギュラー出演中。
美香/久松郁実:1996年2月18日生まれ。東京都出身。2008年、雑誌「Hana*Chu→」の専属モデルとして活動を開始。2012年に「CanCam」へと場を移し活躍する中、テレビドラマ「ごめんね青春!」(14/CX)やバラエティー「ポンコツ&さまぁ~ず」(14/TX)にポンコツガールとして出演と、多岐に渡り活躍中。
たけし/勧修寺玲旺:1998年1月17日生まれ。東京都出身。2013年、第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリストに選出され、 テレビドラマ「49」(13/NTV)「仮面ティーチャー」(14/NTV)や「BF会議」(14/EX)などに出演。本作が映画初出演となる。
シュン/タモト清嵐:1991年11月12日生まれ。東京都出身。ナチュラルな存在感で映画『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』(08)、『劒岳 点の記』(09)で注目され、テレビドラマ「タンブリング」(10/TBS)や「ガリレオ」(13/CX)等テレビドラマでも活躍。若手実力派として今後の活躍が期待されている。2015年4月より『闇の伴走者』(WOWOW)がスタート。

スタッフ

『青鬼』の原作者であるゲーム制作者。RPGツクールXPで制作された同ゲームは、予想しがたい青鬼の出現、秀逸な謎解き、恐怖感を煽るBGM等ゲーム性の高さが話題を呼び、ネットを中心に爆発的な人気を博した。『青鬼』制作以降も多数の謎解きゲームを手掛けており、精力的に活動している。

CGディレクターとしてフルCG映画、実写映画、ゲームムービー、ゲームシネマティックなどの制作に携わる。モーションキャプチャーや実写映画撮影などの現場もオールマイティーに活躍。
主な参加作品に『APPLESEED』(04)、「ロスト・オデッセイ」(06)、「Metal Gear Solid 4」(08)、『デスノート』(06)、「鉄拳6 BloodReverion CS版」(09)、『GANTZ』(12)、『ウルトラマン・サーガ』(12)、「biohazerd Damnation」(12)等がある。本作が初監督作品(VFX兼任)となる。

CGプロダクション機能をもった映像制作会社。お台場にあるアジア最大級のモーションキャプチャースタジオを有し、フル3DCG劇場アニメーションを国内で唯一作り続ける。近年は、リアルタイムエンジンを用いたフルCGTVシリーズ、 3D立体視映像にも注力。主な作品に映画『GANTZ PERFECT ANSWER』『biohazard DAMNATION』『青鬼』、ゲーム『METAL GEAR SOLID V:GROUND ZEROES』『龍が如く 維新!』など。

主題歌情報

『汚れなき悪戯』作詞・作曲:坂本英三/唄:AMG坂本歌劇団 featuring 山本梨乃
iTunesからダウンロードamazonmusicからダウンロード
坂本英三の名の下に集まった新人アーティスト集団、AMG坂本歌劇団。TV番組「アニソン・ハンター」と連動したオーディション企画により約600人の中から選出されたAMG坂本歌劇団メンバー。 その中でも一際強い個性と毒性を持ち、坂本英三をして天才と言わしめたボーカリスト、山本梨乃。
坂本英三との魔力のコラボレーションMUSICがここに完成!

ページトップへ